スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドカレーって何?



インドでインド人が食べる食事といえばカレー。 そもそもインドのカレーと日本のカレーは何が違うのでしょうか?


日本のカレーとの違い

まず、インドカレーではカレー粉は使わないです。作るカレーの素材に合わせていろんなスパイス(香辛料)を組み合わせて調理します。また市販のルゥにはカレーにとろみを付けるために小麦粉が入っているのですが、小麦粉もインドカレーでは使いません。欧風カレーでは「ブイヨン」と呼ばれるダシを使うのですが、これも使いません。


では、何がインドカレーの味の決め手になるのかというと、ズバリ「甘み、辛み、酸味、塩味、苦み」です。インドカレーでは、トマト、玉ねぎ、ニンニク、ショウガ、トウガラシ、また日本のカレーには絶対入らないと言われている「塩」などで味のバランスを整えます。


また、日本のカレーでは「一晩寝かせたカレーが美味い」といわれますが、スパイスの香りを重視するインドカレーでは香りが飛んでしまうため、作ったカレーを冷蔵庫に入れておくということはしません。 作ったカレーはすぐに食べたほうが美味しいです。(もし余らせてしまった場合はジップロック等に入れ、冷凍保存すると良いです。) さらに、香りが飛んでしまってスパイスの持ち味が生かされなくなるので、煮込み時間もせいぜい20分程度って所でしょうか。「美味しいカレー」の代名詞に使われる長時間煮込んだカレーってイメージとは逆に、インドカレーでは調理に時間を余り掛けないのです。


そして、カレー屋の宣伝文句に「20種類以上のスパイスをブレンドしたカレー!」といったものがありますが、インドカレーでは同時に使うスパイスは多くて7,8種類程度 少ない時は3種類で作ってしまう場合もあるくらいです。スパイスは沢山使うと味がマイルドになってしまう性質があり、沢山使えば使うほどスパイス一つ一つの香りが薄れてしまうのです。




インドではどんなカレーが食べられているの?

「インド人は毎日三食カレー食べてるんでしょ?」と聞かれることが良くあるのですが、これは本当です(断言) 日本のカレーを想像して「毎日カレーを食べるなんて信じられない・・・」と驚きの顔で言われちゃう訳なんですが、インドでは様々なカレーが存在し、肉のカレーだったらチキンやマトン(羊)、野菜のカレーなら、ナス、カリフラワー、ジャガイモ、大根、豆のカレーだったり、魚のカレーなんてものもあり、毎日違う味が楽しめ、毎日食べても胃にもたれないヘルシーなカレーもあるので飽きてしまうことは無いのです。


 カレーの具ですが、一種類のカレーにメインの具は一種類もしくは二種類のことが多く、日本のカレーのようにニンジン、ジャガイモ、肉・・・と一つのカレーに沢山種類をいれません。その代わりに小さな入れ物、もしくは窪みの入ったプレート(小さな子供用のお皿を想像してください)に具の違うカレーを3種類程度もしくはそれ以上盛り付け、色々な種類が沢山食べられるようになってます。

スポンサーサイト

どこで食材を買えばいいの?

一般家庭であまり食べられないような料理を作る時に避けて通れない道・・・それは「どこで食材を調達するのか」です。

インドカレーに使うスパイスを購入する場所は大きく3つあり、「プロ用食材スーパー」「ネット通販」「アジア食材店」があります。それぞれメリット・デメリットがあります。




「プロ用食材スーパー」・・・・・・いわゆる業務用スーパーです。普通のスーパーでは取り扱っていない輸入食材が置かれている所ではスパイスメーカーの「GABAN」に代表されるようなスパイスがおいてあります。

デメリット・・・・・・他と比べ値段が高い。 インドカレーに使うスパイスが全て揃っていない。
メリット・・・・・・敷居が低い。 日本人の店員がいるので安心して買える。 地方都市でも店があるので容易に足が運べる。




「ネット通販」・・・・・・インターネットの通販サイトで購入する方法です。○千円以上買えば送料無料になるところもあるので、一度にたくさん買う場合におすすめです。

私はよく、大津屋アンビカで購入しています。安くて品質面でも問題ないので重宝しています。

デメリット・・・・・・少量だけ買う場合送料がかかってしまう。 届くまでに時間が2,3日かかる。購入するまでの手続きが色々と面倒。
メリット・・・・・・比較的値段が安い。ネット検索で調べながら必要な食材を調達できる。




「アジア食材店」・・・・・・日本へ住んでいるアジア人用に営業しているお店が大都市を中心にいくつもあり、主なお客さんは外国人で、店員さんも外国人です。 「ハラールショップ」と書いてあるイスラム教徒用食材が置いてあるお店にもインドカレーに使うスパイスが沢山あります。

デメリット・・・・・・敷居が高い(店員さんは外国人ですから、はじめは勇気いるかも・・・) 大都市でないと店自体が無い。
メリット・・・・・・とても安い。 珍しいスパイスも置いてある。目で見て品質を確認できるので安心。




大都市に住んでいる方で近くにアジア食材店がある方は、そちらで。地方の方は基本的にネット通販を利用し、すぐに使いたい時や、一種類だけスパイスが足りないという時にプロ用食材スーパーで少量だけ購入すれば良いでしょう。

なんのスパイスを買えばいいの? 特別な調理器具はいるの?

インドカレーを作る時に必要な道具やスパイスですが20種類くらいのスパイスがいるのではないかとか、日本で手に入りにくい高価な調理器具が必要かと思われるかもしれません。
しかし、手の込んだインドカレーで無ければスパイスも代表的なものだけでで十分ですし、道具も日本で手に入るようなものや、既に家庭料理で使うもので問題ありません。




まず、インドカレーで良く使うスパイスは「クミン」「コリアンダー」「カイエンペッパー」「ターメリック」「カルダモン」「ブラックペッパー」「クローブ」「シナモン」です。いきなり聞きなれない横文字が出てきて混乱されているかもわかりません・・・・・・。(私も初めはそうでした)しかし、それぞれのスパイスの用途は作っていくに従って覚えていけます。

ただし、これらのスパイスなのですが、種や実のままで売っているもの(総称してホールスパイスといったりします)と、挽いて粉にしたもの(総称してパウダースパイスといったりします)があり、どれを買ったらよいのか迷われると思います。それを説明していきます。





「クミン」・・・・・・主にホールで使用します。「クミンホール」「クミンシード」という名で売られています。


「コリアンダー」・・・・・・主にパウダーで使用します。「コリアンダー・パウダー」という名前で売られています。ただし、少し手間を掛けても良ければ「コリアンダー・シード」または「コリアンダーホール」という名前で売られているホールスパイスを買ってミルミキサー(粉挽きの道具)かすり鉢で粉にしたほうが良いです。 理由は後で説明します。


「レッドペッパー」・・・・・・主にパウダーで使用します。スパイスメーカーのギャバンが取り扱っている「チリパウダー」はイタリアンで使うためにあらかじめ他のスパイスがブレンドされてしまっているので「カイエンペッパー」というものを手に入れてください。


「ターメリック」・・・・・・主にパウダーで使用します。「ターメリック・パウダー」という名前で売られています。


「カルダモン」・・・・・・主にホールで使用します。「カルダモン・ホール」「カルダモン・シード」という名前で売られています。


「ブラックペッパー」・・・・・・主にホールで使用します。「ブラックペッパー」「ブラックペッパー・ホール」という名前で売られています。


「クローブ」・・・・・・主にホールで使用します。「クローブ・ホール」という名前で売られています。


「シナモン」・・・・・・主にホールで使用します。「シナモン・スティック」という名前で売られています。


はじめてスパイスを買う時はどれをどの程度の量購入すれば分からないと思います。大量に買ってしまい全然使わずに、いつのまにか賞味期限切れで香りが飛んで使い物にならなくなった・・・・・・ということが起きないように、まず初めは25g程度の少量を購入すると良いと思います。


何故ホールで使用するかといいますと、インドカレーでは良く最初に鍋に入れた油にホールのスパイスを入れ、スパイスの香りを油に移すという調理法をします。このときに粉のスパイスを使ってしまうと焦げてしまったり、仕上がりが粉っぽくスパイスが妙に主張してしまうカレーになってしまいます。

コリアンダーについてですが、もしミキサーを持っているのであれば是非ともホールのものを買ってください。ゴマやわさびと一緒で、使う分をそのつど挽いて使った方が香りも良いです。 ターメリックもホールで売られていますが、主に色づけで使うスパイスですし、かたまりのターメリックは固く、粉にするのが結構な手間なのでパウダーのものを買ったほうがよいです。

また、、、ホールで買っておくと、後にパウダーを使用するレシピに遭遇しても粉にして使えばよいので万能性があります。 ホールのをパウダーにはできますが、パウダーのはホールにできませんからね(笑)




調理器具について・・・・・・
インドカレーの調理に使う道具ですが、専門的な道具は殆ど使わないです。日本のカレーライスで使う調理器具(まな板、包丁、鍋等)があれば十分です。慣れてくればスパイスを挽く電動ミキサーか、すり鉢を用意すれば大丈夫です。

はじめに・・・ インドカレーを始めて作ろうとする方へ。

title00.jpg

このブログは、インドを半年間、二回旅をして、日本に帰国してからもインドカレーを作り続けている北印度神(きたいんどしん)のカレーブログです。


インドカレーに興味をもち、作ってみたいけどどこから始めればいいのか困っている方の為にこのブログをつくりました。


インドカレーは全然難しくありません。欧風カレーにありがちな○時間煮込んで・・・なんていう作業も不必要です。慣れれば1時間程でつくれます。ではどこから始めれば良いのか? ということなのですが、初めての方向けに書いたエントリを下記のリンクでまとめておりますので参考にしてみてください。(下記のリンクをご覧下さい)


インドカレーって何?

なんのスパイスを買えばいいの? 特別な調理器具はいるの?

どこで食材を買えばいいの?

早速作ってみよう。基本はやっぱりチキンカレー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。