スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インドカレーで使う葉っぱ、ベイリーフについて


インドのベイリーフです。


月桂樹の葉っぱで知られるベイリーフですが、ローレル(ローリエ)とも呼ばれています。ただ、西洋料理で使うものとインド料理で使うものは微妙に違います。日本の普通のスーパーで売られているものは西洋料理で使う用途のものなのです。この二種類のベイリーフ、良く混同されます。




こちらの縦に葉脈が入っているのがクスノキ科ニッケイ属、カシアの木から取れる葉っぱのカシアリーフです。横に入っているのはクスノキ科ゲッケイジュ属の月桂樹、英語名ベイリーフって呼ばれているものです。インドカレーに使うのは葉脈が縦に入っているカシアリーフなのです。


しかし、ややこしいことに、こちらのインド料理で使うカシアリーフなのですが、インドではベイリーフってよばれているのです(!?)ヒンディー語ではテージ・パッタってよばれるんですが、 英語名でインディアン・ベイリーフってよばれるためかこういった誤解が生じたのだと思われます。(インドは英語が準公用語になってますから。)


入手するのが難しいのであれば、葉脈が横になっている月桂樹の葉で代用しても大丈夫ですが(味はそんなに判別つきにくいです)インド本場のカレー! に近づけるのであれば、是非ともこのインディアン・ベイリーフを使ってみても良いと思います。 この食材はアジア食材店や通販で手に入ります・・・が、通販は目で見て確認できないので、メールで確認を取るか、正真正銘、インディアン・ベイリーフ(もしくはテージパッタ)って書いてあるのを買ったほうが安心です。




肉を使うカレーで使うことが多く、最初の油にスパイスの香りを移す時に一緒に入れます。
値段も高くなくお手ごろなので、本場インドのベイリーフをつかってみてはいかがでしょうか。





スポンサーサイト
[ 2011/05/26 23:34 ] コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://geekcurry.blog27.fc2.com/tb.php/16-fb36da32


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。