スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんのスパイスを買えばいいの? 特別な調理器具はいるの?

インドカレーを作る時に必要な道具やスパイスですが20種類くらいのスパイスがいるのではないかとか、日本で手に入りにくい高価な調理器具が必要かと思われるかもしれません。
しかし、手の込んだインドカレーで無ければスパイスも代表的なものだけでで十分ですし、道具も日本で手に入るようなものや、既に家庭料理で使うもので問題ありません。




まず、インドカレーで良く使うスパイスは「クミン」「コリアンダー」「カイエンペッパー」「ターメリック」「カルダモン」「ブラックペッパー」「クローブ」「シナモン」です。いきなり聞きなれない横文字が出てきて混乱されているかもわかりません・・・・・・。(私も初めはそうでした)しかし、それぞれのスパイスの用途は作っていくに従って覚えていけます。

ただし、これらのスパイスなのですが、種や実のままで売っているもの(総称してホールスパイスといったりします)と、挽いて粉にしたもの(総称してパウダースパイスといったりします)があり、どれを買ったらよいのか迷われると思います。それを説明していきます。





「クミン」・・・・・・主にホールで使用します。「クミンホール」「クミンシード」という名で売られています。


「コリアンダー」・・・・・・主にパウダーで使用します。「コリアンダー・パウダー」という名前で売られています。ただし、少し手間を掛けても良ければ「コリアンダー・シード」または「コリアンダーホール」という名前で売られているホールスパイスを買ってミルミキサー(粉挽きの道具)かすり鉢で粉にしたほうが良いです。 理由は後で説明します。


「レッドペッパー」・・・・・・主にパウダーで使用します。スパイスメーカーのギャバンが取り扱っている「チリパウダー」はイタリアンで使うためにあらかじめ他のスパイスがブレンドされてしまっているので「カイエンペッパー」というものを手に入れてください。


「ターメリック」・・・・・・主にパウダーで使用します。「ターメリック・パウダー」という名前で売られています。


「カルダモン」・・・・・・主にホールで使用します。「カルダモン・ホール」「カルダモン・シード」という名前で売られています。


「ブラックペッパー」・・・・・・主にホールで使用します。「ブラックペッパー」「ブラックペッパー・ホール」という名前で売られています。


「クローブ」・・・・・・主にホールで使用します。「クローブ・ホール」という名前で売られています。


「シナモン」・・・・・・主にホールで使用します。「シナモン・スティック」という名前で売られています。


はじめてスパイスを買う時はどれをどの程度の量購入すれば分からないと思います。大量に買ってしまい全然使わずに、いつのまにか賞味期限切れで香りが飛んで使い物にならなくなった・・・・・・ということが起きないように、まず初めは25g程度の少量を購入すると良いと思います。


何故ホールで使用するかといいますと、インドカレーでは良く最初に鍋に入れた油にホールのスパイスを入れ、スパイスの香りを油に移すという調理法をします。このときに粉のスパイスを使ってしまうと焦げてしまったり、仕上がりが粉っぽくスパイスが妙に主張してしまうカレーになってしまいます。

コリアンダーについてですが、もしミキサーを持っているのであれば是非ともホールのものを買ってください。ゴマやわさびと一緒で、使う分をそのつど挽いて使った方が香りも良いです。 ターメリックもホールで売られていますが、主に色づけで使うスパイスですし、かたまりのターメリックは固く、粉にするのが結構な手間なのでパウダーのものを買ったほうがよいです。

また、、、ホールで買っておくと、後にパウダーを使用するレシピに遭遇しても粉にして使えばよいので万能性があります。 ホールのをパウダーにはできますが、パウダーのはホールにできませんからね(笑)




調理器具について・・・・・・
インドカレーの調理に使う道具ですが、専門的な道具は殆ど使わないです。日本のカレーライスで使う調理器具(まな板、包丁、鍋等)があれば十分です。慣れてくればスパイスを挽く電動ミキサーか、すり鉢を用意すれば大丈夫です。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://geekcurry.blog27.fc2.com/tb.php/5-485de7c5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。