スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どこで食材を買えばいいの?

一般家庭であまり食べられないような料理を作る時に避けて通れない道・・・それは「どこで食材を調達するのか」です。

インドカレーに使うスパイスを購入する場所は大きく3つあり、「プロ用食材スーパー」「ネット通販」「アジア食材店」があります。それぞれメリット・デメリットがあります。




「プロ用食材スーパー」・・・・・・いわゆる業務用スーパーです。普通のスーパーでは取り扱っていない輸入食材が置かれている所ではスパイスメーカーの「GABAN」に代表されるようなスパイスがおいてあります。

デメリット・・・・・・他と比べ値段が高い。 インドカレーに使うスパイスが全て揃っていない。
メリット・・・・・・敷居が低い。 日本人の店員がいるので安心して買える。 地方都市でも店があるので容易に足が運べる。




「ネット通販」・・・・・・インターネットの通販サイトで購入する方法です。○千円以上買えば送料無料になるところもあるので、一度にたくさん買う場合におすすめです。

私はよく、大津屋アンビカで購入しています。安くて品質面でも問題ないので重宝しています。

デメリット・・・・・・少量だけ買う場合送料がかかってしまう。 届くまでに時間が2,3日かかる。購入するまでの手続きが色々と面倒。
メリット・・・・・・比較的値段が安い。ネット検索で調べながら必要な食材を調達できる。




「アジア食材店」・・・・・・日本へ住んでいるアジア人用に営業しているお店が大都市を中心にいくつもあり、主なお客さんは外国人で、店員さんも外国人です。 「ハラールショップ」と書いてあるイスラム教徒用食材が置いてあるお店にもインドカレーに使うスパイスが沢山あります。

デメリット・・・・・・敷居が高い(店員さんは外国人ですから、はじめは勇気いるかも・・・) 大都市でないと店自体が無い。
メリット・・・・・・とても安い。 珍しいスパイスも置いてある。目で見て品質を確認できるので安心。




大都市に住んでいる方で近くにアジア食材店がある方は、そちらで。地方の方は基本的にネット通販を利用し、すぐに使いたい時や、一種類だけスパイスが足りないという時にプロ用食材スーパーで少量だけ購入すれば良いでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://geekcurry.blog27.fc2.com/tb.php/6-ecd613b9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。